JB64/74ジムニーのスピーカー交換をお考えのオーナー様へ

JB64/74ジムニーの純正スピーカーを
交換して

世界中で大人気の4代目ジムニー

様々なパーツを使い、自分流にカスタマイズが楽しめる車として世界中で大人気のJB64/74ジムニー

そんなジムニーですがオーディオカスタムを望むオーナーさんも多いのではないでしょうか?

実は、純正スピーカーから社外スピーカーに交換するだけで音質が劇的に変化するというのをご存知でしょうか?

今回は音質向上には欠かせない「社外スピーカーへの交換」についてお話したいと思います。

ジムニーの音質について

  • もっと音にメリハリをつけたい
  • ボリュームを上げると音が割れる
  • 社外スピーカーに交換したいけど加工を最小限にしたい
  • 大口径のスピーカーに交換したい
  • ディーラーで「社外スピーカーに交換してほしい」と頼んだら断られた

これらに一つでも当てはまる場合は
社外スピーカーへの交換をお勧めします!

社外スピーカーに交換することで

  • スピーカーのサイズが大きくなることで音にゆとりが生まれる
  • 大きな音で馴らしてもスピーカーが割れにくくなる
  • 16cmスピーカーが装着できる
  • ツイーターやコアキシャルのおかげで音がきれいに分離する
  • 低音にメリハリが生まれ、聞きやすくなる

純正スピーカーと社外スピーカーでは
これだけの違いがあります!

こちらの画像はJB74ジムニーの純正スピーカーです。

純正のスピーカーはプラスチック(ABS樹脂)でできており、コーンは紙製です。

マグネットも小さくとてもいい音が出るとは言えない作りです。

社外スピーカーとの主な違い

社外16cmスピーカーを横に並べた図です。どのような違いがあるのか、書き出してみました。

違い1コーンのサイズが違う

ジムニーのスピーカー純正サイズは10cmとなりますが、社外スピーカーの場合、条件付きで16cmスピーカーまで対応することができます。

決して大きなスピーカーがいいというわけではありませんが、やはり大きな音を出す場合は大きいスピーカー有利となります。

違い2材質が違う

純正スピーカーの材質は紙でできており、激しく上下運動を繰り返すには剛性が不十分です。

対する社外スピーカーはコーンの材質にカーボンファイバーなどが用いられているので前後に激しく動いても安心です。

紙と違い、歪みが少ないので出音のレスポンスにも優れ、結果、低音にしまりが生まれます。

違い3材質が鉄

純正の骨組みはABS樹脂で作られておりますが、社外スピーカーは鉄でできており、様々な衝撃に耐えることができます。

違い4コアキシャル構造やツイーターが付属しているものがある

一つのコーンで中域、高域をカバーしないとならない純正スピーカーに対し、社外スピーカーは高域を担当するツイーターやコアキシャルが標準のスピーカーも販売されています。

違い5マグネットの大きさが違う

純正のマグネットは小さく、社外スピーカーのマグネットと比べると雲泥の差があります。

マグネットの大きいものはより、大きな音を出力するのに適しております。

社外スピーカーに交換するためには は必要不可欠

JB64/74ジムニーに社外スピーカーを装着する場合、インナーバッフルボードは必要不可欠となります。

そもそもインナーバッフルボードとはどのようなものでどのような働きをするのか。以下で詳しく解説してゆきます。

インナーバッフルボードとは?

インナーバッフルボードとは、ドアにスピーカーを取りつける際に使用する部品のことをいいます。

材質にはMDF合板や桜合板などが最もポピュラーとされ、中にはアルミニウムや大理石でできたものなどもあります。

インナーバッフルボードを取りつける場合の用途は大きく分けて2つあり、一つは純正スピーカーから社外スピーカーに交換する場合と、もう一つはインナーバッフルボードを使い、取りつけ剛性を高め、音質を改善したい場合です。

最近の純正スピーカーはインナーバッフルボードと一体設計となっており、スピーカーを取り外すと、土台(バッフル)も全て取り払われてしまうのでインナーバッフルボードなしではまず取り付けはできません。

そのまま取りつける場合はボディの加工等が必要になってしまいます。

そのため、インナーバッフルボードは取り払われた純正の土台の代わりを補い、ボディの穴をそのまま流用できるため、一部の車種以外はほぼボルトオンで装着可能です。

また、一部の車種には楕円形が使われており、真円が多く使われている現在ではバリエーションの希薄に困ることも多々あると思います。

そういう悩みもインナーバッフルボードを使うことで真円に変更できる為、スピーカーのバリエーションも増えます。

インナーバッフルボードを装着するとなぜ音が良くなるのか?

インナーバッフルボードは密度が高い剛性のある素材を使用しているので、大音量にした際、スピーカーから伝わる振動をボディーに伝わりにくくする働きがあります。

「音が割れる」「ビビる」このような症状は、ほとんどがドア周りの剛性不足で起こるスピーカーの振動によるドアのキシミです。実際、片方だけインナーバッフルを装着した車に乗り、音量を上げた際の出音は全く違います。

このことからインナーバッフルボードは社外スピーカーの交換手段でもあり、スピーカーの音をを最大限に引き出す為のチューニング手法とも言えます。

なぜ、様々な材質があるのか?

上記でお話しした通り、インナーバッフルボードには様々な材質のものがあります。

木材でできたものは適度に音圧を吸収し、温かみのある音質になりますし、鉄や石などでできたインナーバッフルボードは硬さがゆえにレスポンスのいい、硬く、タイトな音質になります。

これらは好みが分かれるところですが、楽器やステレオスピーカーに「木材」が使われることを考えると、木材でのインナーバッフルボードが現在の主流となっているのは間違いありません。

決して高いから音がいい!とは限りません。
柔らかい音、固い音は材質によって大きく変わるので好みで選びましょう。

音質向上化計画製のジムニー
インナーバッフルボードは
ここが違う!

違いその1防水処理が違う!

弊社の防水処理は表面を上塗りしているだけの簡易防水処理ではなく、「浸透型防水処理」を採用しております。

浸透型防水処理は、MDFの欠点とも言われております「吸水性が高く水に弱い」という特性を逆に利用してポリウレタン樹脂を繊維深くに浸透させつつ内部から硬化させる防水手法です。

内部の硬化は、音質にも変化が生じ低音がタイトになり、レスポンスも向上します。

画像クリックで拡大

見た目はそれほど変わらないが…

浸透型の防水処理の見た目はオイルフィニッシュのようなナチュラル色となります。

見た目はそれほど変わりませんが、MDFがポリウレタンに包まれて硬化するので全く別物の素材のようにかなりの固さまで硬化します。

そのため、強度も通常のMDFとは全く異なります。

違いその2取り外し説明書が付属するのでドアパネルの取り外しも安心!

いざスピーカー交換をしようと思ったら内張の外し方がわからない。

むりやり外したらドアパネルが壊れた!なんてことがないようにり外し説明書が付属いたします。

違いその3付属品が違う!

フロントインナーバッフル(画像クリックで拡大)

取り付けねじやスポンジは別売りではありません。

弊社のインナーバッフルボードを購入すると取り付けネジやスポンジが標準で付属します。

※スポンジの付属は本サイト購入者のみの限定となります。

フロントインナーバッフル(画像クリックで拡大)

違いその4スピーカーを同時に購入可能!

新型ジムニーの社外スピーカー取り付け確認の取れてあるKenwoodのスピーカー(KFC-RS163)を常に在庫を保持しており、いつでも同時購入が可能です。

このような企業様にも
ご利用いただいております

全国のディーラー様、カー用品店様、タイヤショップ様、中古車販売店様など、幅広くご利用いただいております。

代理店契約を行うことで業販価格でご購入することができます。

自動車ディーラー様

大手カー用品店様

中古車販売店様

よくある質問

保証に関しましては利用規約をご覧ください。

通常188円の送料を頂いておりますが、5,000円以上のご購入で全国送料無料となるためジムニーは送料無料となります。

弊社で販売しておりますインナーバッフルボードは、1つの注文で2枚セットでの販売となっております。

内張にあるスピーカーのリムとスピーカーが干渉する場合がありますのでその際はニッパーやカッター等でリムをカットしてください。

カットは簡単にできますし、純正スピーカーに戻すこともできますのでご安心ください。

会社概要

運営会社音質向上化計画(株式会社 ウィズ・プランニング)
代表者石原 大樹
本社所在地〒091-0023
北海道北見市留辺蘂町旭中央25番地31
連絡先メールフォームをご利用ください
営業時間10:00~19:00(日曜・祝日休業)
業務内容自動車部品製造・販売

2019©音質向上化計画|株式会社ウィズ・プランニング